韓国で大人気!最高級よもぎ100%よもぎタバコ健香草|よもぎについて

蓬(よもぎ)とは!?




■よもぎ−キク科−
 日本各地の山野や道端に自生する大変強い野草。春に根茎から芽を出し葉を伸ばす。葉は、キクの葉の形に似ていて、裏面に灰白色の綿毛が密生している。食用とするのは、春先の若い芽や、やわらかい葉などで、独特の香りがあり、その香りは、昔から草餅や草だんごの原料としても用いられており、別名を「モチグサ」とも呼ばれている。
中国では毒気、邪気を払う力があり、ヨモギを食べると、寿命が延びるといわれていた。秋に枝先に黄褐色の小さな花が多数咲く。
                    
■禁煙効果
禁煙にチャレンジして、いろんなものを試してみた方も多いと思います。ガムや飴玉から始まり、ニコチンパッチ、ネオシーダ、いろいろ試してどうでしょうか?
やめられますか?禁煙の効果を謳う商品は山のようにあります。禁煙パイポまた禁煙セラピー、最終的には禁煙外来でお医者さんと禁煙しますか? たばこは増税されさいふを圧迫、巷ではたばこの害をいやというほど見せ付けられます。

禁煙にチャレンジするか、少しでも健康によいものを吸ってみるか・・・・・・どうしましょう?



よもぎは、他の緑黄色野菜と比較しても、豊富な栄養素が含まれており、
ビタミンCをはじめ、ビタミンE、ビタミンB1・B2、 ビタミンD、ビタミンA、カルシウム、鉄、カリウム、食物繊維を多く含む、栄養価の高い野草です。
さらによもぎには、シネオールやセスキテルといった殺菌作用のある精油成分も含んでいます。

よもぎは古くから薬草として用いられてきました。
漢方ではがい葉(ガイヨウ)と呼び、主な成分はシオネール、アルファーツヨンなどの精油とアデニン、
コリンなどを含んでいます。
入浴剤としては用いれば肩こり・冷え性・腰痛・リウマチ・痔・乾燥肌・あせも・ひび・あかぎれ等に効果があります。
アトピーなどで痒みのあるお子さんには精油成分が効いて痒みが和らぐと言われています。
食用に用いれば漢方薬の効能そのままに食欲増進・胆汁分泌促進・止血(炎症止め)・殺菌・保湿の効果があるとされています。
お茶にすると整腸剤として下痢や腹痛に、また高血圧、神経痛、喘息、痔、乾燥肌にも効果的と言われます。

健香草の効果







世界保健機構(WHO)資料によれば世界喫煙人口が13億人で、我が国喫煙人口は1300万人に達すると調査されたという。この中で毎年2万人程度がタバコが原因になった癌で死んでいっているという統計に接すれば背筋が寒くならざるをえない。コメディの皇帝イ・ジュイル氏がタバコによる肺癌で死んでいって、どうかタバコを吸うなと訴えた姿が鮮やかに目に浮かぶ。

それでも愛煙家らはタバコの効用性に対して強弁する。 そしてタバコは麻薬のように簡単に切ることができないことも話す。それなら、これら愛煙家らを生かす方法はないだろうか? こういう遺憾をした僧侶の研究で解決できる方法ができた。すぐに孤雲気持ち僧侶が開発したスクタムベがそれなのにヨモギを利用したこのタバコ代用品は禁煙と健康という二匹ウサギを一度に捉えることができる製品になるものと見られる。

ヨモギは私たちの民族とともにした貴重な薬草

ヨモギは檀君神話を始まりに私たちの民族とともにしてきた植物だ。 '三国遺事'によれば熊が人になるために食べたのがニンニクとヨモギという。檀君のお母さんがヨモギを食べて人になったので私たちのからだにはヨモギの成分が流れているのではないだろうか?

ヨモギは普通野原の日がよくあたる草むらに私はキク科の多年生植物として30種余りがあるが、各々形と香り、成分などで違いが生じる。私たちの民族は幼いヨモギでモチを食べ物を作って食べたことはもちろん、各種形態で料理したり浮かび上がるということ、入浴など多様な方法で利用してきた。 それだけでなくヨモギは悪鬼をはね除けることで認識された。

しかしヨモギは何よりも薬草だ。ヨモギは優れた薬効のために'ウイチョ'または'天然初'という名前でも呼んだがそれは廃虚でも雑草のように生き残るヨモギの粘り強い生命力のためという。私たちの土地どこでヨモギが芽生えない所がないほどヨモギの生命力は有名で2次世界大戦当時原子爆弾が落ちた広島の灰の中で一番最初に広まり始めた植物がヨモギという事実はすでに広く知られた。


▲ぐっとタバコの原料強化インジンスク   (c)キム・ヨンジョ

薬剤で使うヨモギは昔から5月端午に採取して止めたのが最も効果が大きいといって、その中江華島(カンファド)インジンスクを最高に打つ。腹が痛いが、吐く時に使って、止血剤にも使って、ネンでよる生理不順や子宮出血などに使う。ヨモギは干からびた土地でも肥料や農薬なしで自ら育つ完全無公害植物であることはもちろん肥料、農薬などの毒素を分解して体外に送りだす役割もする。また、強いアルカリ性食品で酸性体質を改善するかと思えば血をきれいにという作用をすると分かった。

米国インディアンらも'ヨモギ'で病気を治めたという。 インディアンらは昔からヨモギを腹痛、糖尿、高血圧、皮膚病などの治療薬で使っているという。ところでその使用方法は私たちと類似したものなので目を引く。ヨモギを焚き火を吸うように吸っておいて、ぐっと延期(煙、演技)を皮膚に触れるようにして、ぐっと延期(煙、演技)を飲む方法を使ったという。

"ぐっと浮かび上がることで百種類病気を治める"という話があるほどその効能はかつて伝えられてきたが手術の時着ることになる傷と苦痛のために科学的でないことに誤認されてきた。 しかし持続的な研究結果1979年ついに世界保健機構(WHO)の公式的な認められることになった。灸を据えることになれば皮膚の中に含まれている蛋白質が熱によって分解されて画像毒素ができる。この画像毒素は血清に吸収されて刺激所として血液の中の赤血球、白血球数が増加するなど血液成分に変化を起こして、また、これによって生体防御機構を復活させるという。

孤雲気持ち僧侶ぐっと浮かび上がることで病気治療してぐっとタバコ開発

▲ぐっとタバコぐっと国、国初   (c)(株)ただファン・コン香草

こういうヨモギを活用して口に浮かび上がる浮かび上がるということのぐっとタバコを開発した人がいる。 孤雲気持ち青青僧侶(60)がすぐに彼氏だ。僧侶は1963年陜川(ハプチョン)、海印寺(ヘインサ)で出家して39年目聖職の道を歩いているのに5年前中風でマヒがきて病院で3年以上生活が苦しいという診断を受けたことがあるという。事実上の死刑宣告を受けて、僧侶は藁をつかむ心情にぐっと浮かび上がることにぶらさがったがその結果正常な社会活動をするほど大きい効果をみた。

ここで僧侶はヨモギに対する魅力をそのまま見過ごせなくて研究を始めたし、発明家の隠れた気質を発揮し始めた。僧侶は"専門家たちから喫煙者などがタバコを吸う代わりにぐっと延期(煙、演技)を飲めばその間積もった毒性を除去するという話を聞いて、大衆のためにタバコ代用品を作ることに決心しました"と話した。

僧侶は粘り強い研究結果'口腔ぐっと浮かび上がるということで'に関する特許(第0403829号),'ぐっと市価'に関する特許(第0483473 号),'ぐっと紙製造方法'に関する特許(第0483473号)等総8種類の特許を得た。また、中国でも特許を受けたし、日本とアメリカにも特許を出願中といって、米国食品医薬庁(FDA)で45個成分に対する安全性と農薬残留検査に適合判定を受けたという。


▲特許証と米国食品医薬庁の認証書  (c)特許庁、米国食品医薬庁

ぐっとタバコもタバコなのにニコチンやタールなど害になる物質が出てきはしないだろうか? これに対して僧侶は"ヨモギをタバコの材料で使ったので既存タバコとは明らかに違うほかはない。このタバコにニコチンは全くなかったがタールが問題だったがこのタールもタバコタールとは完全に違うという。ヨモギを利用した効能を研究した日本テイキョウイデ生化学とのノブオ ウエタ教授は'ヨモギを焼く時出てくるスクタルにはカテコルが含まれている。この物質はからだにイ・ロウン坑酸化物質'と明らかにした"として安心させてくれる。

僧侶はこれに留まらないで、2005年(サ)遠赤外線協会で自ら実験者になって'ぐっとタバコタールおよび延期(煙、演技)喫煙後赤血球測定'までしたという。これの結果を見ればぐっとタバコを吸う前酸性化された一つになった赤血球らがぐっとタバコを吸った後にはたくさん緩んだと(写真参照).

また、1994年に発表された高麗(コリョ)大学校大学院ファン・ユンギョンの'ヨモギの石油エテル抽出物の坑癌効果'という論文を見れば"ヨモギの抽出物中アセトン分画には動物血液成分に何の以上を招かないのに坑癌活性を現わす成分が存在するということが分かる"という内容が入っている。


▲ ‘ぐっとタバコ タールおよび延期(煙、演技)喫煙後赤血球測定’遠赤外線写真(左側喫煙前、右側喫煙の後)
  (c)(サ)遠赤外線協会

そして1998年韓国栄養学会誌には高麗(コリョ)大学校医科大学生化学教室ファン・ウイク教授など4人が'ぐっと抽出成分の癌細胞増殖抑制効果'という発表資料で"ソギュエテルに抽出されたヨモギの有効性分が色々な種類の癌細胞の増殖を効果的に抑制させて、正常細胞には影響が少なかったことが明らかになったのでハツカネズミ胚芽細胞より増殖速度がゆっくり安定化されている正常細胞に対しては副作用が大変少ないことと見えて、これに伴い、ヨモギの有効性分を効果的な抗癌剤で開発することに基礎資料を提供すると思う"と明らかにした。

忠南(チュンチョン)舒川(ソチョン)のパク・グァンスン(56)氏はぐっとタバコを活用30年の間吸ったタバコをやめたという。前に彼は一日3箱のタバコを吸って、周辺の人々が死ねば墓にタバコいくつかの砦とマッチをいれるというほどだったが、今はタバコを吸わなくて元気で、とても幸せだと話した。

僧侶、3年連続ノーベル平和賞候補に上がって

僧侶はぐっとタバコを開発しながら儲ければ儲け次第すぐにまた全額を再投資して研究開発に電力を注いだし、うわさが広がりながらしばらく確かな道路を走ったという。 しかしタバコ代用品を製品化するのは侮れなかった。ぐっとタバコは形がタバコとおなじで'資本金300億ウォン以上、年間50億本以上生産'というタバコ事業法の適用を受けるためだった。これを耐えられるには資金や全てのものが力不足だった。結局、彼は中国に渡っていって委託生産することにして、2002年3月初めての製品を国内に持ってきた。


▲孤雲気持ち青青僧侶ノーベル平和賞推薦書     (c)韓国仏教昇段協議会

憂慮とは違って消費者らの呼応が良かったので以後彼は本格的に事業に飛び込んだし国内'ぐっとタバコ'初めての開発者で有名になって'常勝疾走'し始めた。それだけでなく僧侶はぐっとタバコ開発で国民健康に寄与する一方、世界的な'禁煙伝導師'役割をしている漸移認められて2002年から3年連続'韓国仏教昇段協議会'が中心がよがる137個宗教団体の連合推薦のノーベル平和賞候補で推薦されることもした。

僧侶はぐっとタバコ開発でチャン・ヨンシル科学文化賞も受けたし、環境企業大賞を受けて、'タバコない世の中作り市民運動本部'という(のは)運動団体を作って代表を受け持っている。

僧侶は構図とぐっとタバコ開発にだけ没頭するのではない。 かなり以前から'ハングル'のための運動にも積極的に加担している。何年か前'韓国銀行'といった者で表記された韓国銀行の相互を見て韓国銀行に追いかけて行って叱り飛ばしたおかげでハングルで書いた'韓国銀行'相互で直すことになったというエピソードがあるほどだ。

しかし青青僧侶は"製品の効能を検証受けるためはもちろん国民の健康のためにさらに多い研究が必要だ"として"私自身も分からなかった特異な効果らが使用者らによってずっと明らかになっている"と強調する。引き続き"10年内にヨモギが特産物の江華島(カンファド)に'ぐっとタバコ'タール研究所を作ること"としながら"また、私たちの土地で生産することができるようにした後、外国にも積極的に輸出する計画"と話す。

タバコは一個人の人生で大切なことかも分からない。だが、それがその個人の人生を破綻で追い立てることもできるということを考えればかえって愛煙家らが話すタバコの大切なことは錯覚であろう。したがってタバコをやめろとの勧誘をすることになるのにそれが決して容易なことではないというのに問題がある。それでタバコの代わりをすることができながらも健康を維持することができるこのスクタムベの開発こそ私たちにとても大切な発明ではないか?

 

↑ ページの上部へ

メインメニュー

購入は下記よりお入り下さい。


商品名 : よもぎタバコ 健香草
内容量 : 3カートン:30箱入
(1カートン:10箱)
原産国 : 韓国
原材料名 : よもぎ (100%)

送料・代引手数料を無料!!
全て込み 11,000円

沖縄・離島は別途中継料500円がかかります。



※記入欄に入力後送信を押しご購入下さい。

携帯電話にて購入方法




上記のQRコードよりお入り下さい。